ホーム > お知らせ

Scopusが利用できます

世界最大級の抄録・引用文献データベース「Scopus(スコーパ ス)」が利用できるようになりました。
Scopusはエルゼビアが提供するデータベースで、全分野(科学・技術・医学・ 社会科学・人文科学)、世界5,000社以上の出版社、逐次刊行物22,000タイトル、会議録90,000イベント、書籍130,000タイトルから、6,500万件の文献が収録されています。
著者を検索することで、文献数と被引用数の推移を簡単に知る機能など、略歴・著作数・書誌データ・引用数や引用先など、論文作成の支援ツールとして活用できるものです。

ご利用はこちらから ⇒ Scopus
※学内ネットワークに接続された端末から利用できます。
ユーザー登録は クイックレファレンスガイド(P8)をご覧ください。

「Scopus」について ⇒ 「Scopus」とは?